イソフラボンで対応できる病気

イソフラボンが生活習慣病を予防するうえで効果があると言われているのは、あまり知られていないようですが、実は、日本人の死因の60%程度の生活習慣病に効果があると言われているのです。
日本は、先進国の中でも肥満の人の率は低い方なのですが、今では、4人に1人が肥満であると言われており、メタボリック・シンドロームの危険性について言及されることが増えてきました。
病気や毛かなどによって、健康が損なわれた期間を引き算してみて、健康な期間を計算した期間のことを健康寿命というのですが、日本人の場合、平均寿命は延びているにも関わらず、健康寿命は短くなってきていると言われているのです。

なぜ健康寿命が短くなっているのかというと、生活習慣病にかかっている期間が長いからだといえるでしょう。
生活習慣病というものは、常日頃からの食事や運動、休養などといったような習慣が招いているものです。
その中でも、食生活における習慣が非常に大切となってきます。

白米のご飯と野菜に魚といったような和食中心の生活から、肉を食べるようになり、揚げ物などの脂っこいものが増え、その結果、不規則な食生活になったり、インスタント食品を頻繁に口にするようになるなどと言ったように、大きく変化しました。
ここ50年ほどの間に、動物性の蛋白質と動物性の脂質を摂取している量が4倍~4.5倍に増えてしまったのです。
一方、炭水化物の摂取量は7割程度、食物繊維の摂取量は6割程度も減少しています。
こういった食生活の変化が生活習慣病を招いていると言えるのではないでしょうか。

こういった状況から、食生活の見直しについて必要性が考えられるようになり、かつては、日本人の食事に欠かすことができなかった大豆について注目されてきました。
大豆には、大豆イソフラボンが含まれており、この成分が生活習慣病を予防する上で効果を発揮することが分かってきたのです。
イソフラボンには、抗酸化作用があり、肥満を抑制してくれますし、血液がサラサラになるので、新陳代謝をアップさせることも可能です。