イソフラボンと男性

閉経が近くなってくると、女性の身体が分泌する女性ホルモンの量が減少してきます。
なぜなら、女性ホルモンというのは、女性が妊娠したり、出産したりする際に大きな役割を担っているホルモンだからです。
そして、閉経の時期になってきて、女性ホルモンの分泌量が抑制されてくると、ホルモンバランスが崩れてしまい、さまざまな体調不良を引き起こす原因となってくるのです。

この症状がでてくると更年期障害だといわれるのですが、具体的な症状としては、イライラ感や、情緒不安定、不安感などといったような精神的な不調とともに、のぼせたり、頭痛がしたり、動機やめまいがしたり、耳鳴りがしたりといったように肉体的にも精神的にも不調になってしまうのです。
症状がひどい場合は、日常生活に支障をきたすこともあって、寝込んでしまうほど辛い人もいるようです。
しかし、更年期障害というのは、女性だけのものではなく、男性にも更年期障害はあるのです。

男性の場合は、男性ホルモンの分泌量が減少することによって、引き起こされることが多いようです。
具体的な症状としては、性欲が減退したり、記憶力が衰えたりするということが挙げられます。
女性ホルモンと男性ホルモンは、全く逆なもののような印象を受ける人が多いようですが、女性ホルモンが女性らしい身体づくりをする作用があるように、男性ホルモンには、男性らしい身体づくりをする作用があるようです。

男性ホルモンも女性ホルモンも生殖をつかさどっているホルモンなので、その分子構造においても非常に似ているものとなっています。
大豆イソフラボンにおいては、女性ホルモンとよく似た働きがあることが分かっていますが、男性の更年期にも効果があると言われています。
男性の更年期障害というのは、テストステロンと呼ばれている男性ホルモンの1種が、減ってしまうことによって引き起こされるのですが、大豆イソフラボンは、テストステロンともよく似た働きをするために、男性の更年期障害においてもイソフラボンは効果があると言われているのです。
イソフラボンサプリメントのランキングも参考にしてみましょう。