イソフラボンとエストロゲン

イソフラボンという成分は、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと同じような作用をもたらしてくれますので、植物性のエストロゲンだとか、フィストロゲンなどという呼ばれ方をされることがあるようです。
エストロゲンというホルモン物質は、女性の健康面で欠かすことができないものであり、非常に重要な役割を担っているといえるでしょう。
その役割というのは、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減少させるという作用がありl、血中コレステロールの値が正常になってくれるよう促してくれることによって、高血圧や動脈硬化を防止してくれます。

他にも、カルシウムが骨から溶け出してしまうのを防止してくれますので、骨粗しょう症を予防してくれる効果が期待できます。
また、エストロゲンには、美肌づくりのホルモンという役割もあるようです。
コラーゲンが増えることによって、細胞が柔軟性を保ったり、潤いを守ったりしてくれますし、皮膚や粘膜を健康に保ってくれます。

それだけではなく、脳における血液循環を良くすることによって、脳細胞自体が活発に働く作用をもたらしてくれたり、自律神経のバランスを整えてくれるという働きもあります。
このことは、アルツハイマーという病気の進行をエストロゲンを投与することによって止めることができたという症例からも実証されているということができるでしょう。
イソフラボンには、そういった重要な働きかけを肩代わりしてくれる作用があるのです。

多くの女性の場合は、エストロゲンを分泌する量が40代の後半ごろから徐々に減少しはじめて、その結果、ホルモンバランスが崩れて、自律神経失調症のような症状があらわれてしまう更年期障害にかかりやすくなってしまいます。
そういった症状を和らげてくれる代表的な成分であるといえるのが、大豆のイソフラボンなのです。
こういった対策は、家庭でおこなうことができる対策ですので、安価で、続けやすいといえるのではないでしょうか。