イソフラボンとエストロゲンの構造について

エストロゲンというのは、卵胞ホルモンともよばれており、女性ホルモンの一種です。
エストロゲンには、胸を膨らませたり、体つきを柔らかく女性らしいものにしたり、月経や妊娠、出産といった身体の変化についても非常に重要な働きかけをしてくれるのです。
しかし、40代をすぎてくると、この女性ホルモンが減少してしまい、肌にハリがなくなってきたり、体調不良になったり、頭痛やイライラ感を引き起こしてしまったりします。

ひどい場合には、うつ病になってしまう人もいるようです。
特に、閉経後に更年期障害になってしまうと、深刻な悩みを抱えてしまう人も少なくありません。
エストロゲンが減少してしまうことによって、ホルモンバランスが崩れてしまい、先述したような症状が引き起こされてしまうのです。

そこで、イソフラボンが注目を集めています。
イソフラボンは、化学構造がエストロゲンと非常によく似ているため、エストロゲンを補う作用があるのです。
減少してしまったエストロゲンを補ってくれる作用だけではなく、増えすぎたエストロゲンを減少させてくれる効果もありますので、まさにホルモンバランスを整えてくれる成分であるといえるでしょう。
エストロゲンが増えすぎてしまいますと、乳がんや子宮がんなどにかかりやすくなってしまいますので、イソフラボンは、そういった女性特有の病気http://www.aardvarq.net/iso003.htmlに効果的なだけではなく、ほかの癌にも効果があると言われています。

そして、エストロゲンとよく似た化学構造であることから、植物エストロゲンと呼ばれているほどなのです。
女性ホルモンを補ってくれる作用があることから、美肌効果も期待できますし、バストアップ効果も期待することができます。
また、動脈硬化を引き起こす要因となっている悪玉LDLコレステロールを減少させ、善玉菌を増やしてくれるという作用もあります。
また、骨の中にあるカルシウムが溶け出してしまうのを防ぐ働きもありますので、骨粗しょう症を予防することもできるのです。