イソフラボンで骨の健康維持が期待できる

骨の健康維持といえば、まずカルシウムを連想する人が多いのではないでしょうか。
カルシウムだけではなく、日光に浴びることも重要だと言われています。
実際、骨とカルシウムには密接な関係があるのですが、骨の健康維持とイソフラボンの関連性について、あまり知られていないようです。

しかし、実は、カルシウムと同様に、骨粗しょう症を予防してくれる作用があるのです。
ただ、カルシウムの摂取量は、日本人は欧米諸国の人と比較してみると、わずか半数程度なのにもかかわらず、骨折する人の割合は、日本人の方が低いという結果がありますので、そこで、こちらの成分が注目を集めるようになったのです。
どうしてこちらの成分が注目を集めるようになったかというと、日本人においても、50歳以上の女性が骨折する割合が高いからです。

つまり閉経した後の女性の骨折の割合が高くなっており、閉経した後というのは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量が減少し、卵巣の機能などが低下するのですが、エストロゲンというのは、骨からカルシウムが流出したり、カルシウムが骨に貯えられたりする機能があることは周知の事実ですので、エストロゲンとよくにた働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取することが、骨粗しょう症を予防してくれる効果があるという考え方があるのです。
骨の健康維持にエストロゲンが必要なのは、すでに証明されているのですが、多くの女性は、閉経してしまうと、エストロゲンの分泌量が減少してしまうということが、閉経した後の女性に骨折する人が多いということが密接に関係しているということができるのです。
そこで、エストロゲンと同様の働きをし、植物エストロゲンとも言われている大豆イソフラボンを積極的に摂取すれば、骨からカルシウムが流れ出してしまうのを防ぐことができるのではないかと言われています。
最近では、骨の健康を維持するだけではなく、新しい骨の細胞を作る助けとなってくれる成分でもあると言われているようです。