イソフラボンの一日の摂取量

イソフラボンは、様々な効果を期待することができますので、たくさん摂取することによって、それだけ効果が高まると勘違いをしてしまう、摂取しすぎてしまう人もいるかもしれませんが、こちらの成分は、過剰に摂取することによって、子宮内膜増殖症が引き起こしやすくなったり、生理の周期が乱れたりします。
このように、大量に摂取することにより健康面において有害となってしまう危険性がありますので、食品安全委員会によって、こちらの成分の摂取量における上限の評価案が発表されました。
それによると、一日の摂取量の目安として、上限が70mg~75mgとなっています。

そのなかでも、特定保健用食品やサプリメントなどで摂取する場合においては、1日当たり30mgが上限だと決められているようです。
その残りの40mg~45mgについては、こちらの成分を含んでいる食品によって摂取することになるのです。
また、乳幼児や、15歳未満の小児の子供たちや、妊娠中や授乳中の女性の人たちは、普段の食事に加えてイソフラボンを摂取しすぎることは勧められないと言われているようです。

こちらの成分の摂取量についてですが、1日あたりの摂取量が150mgを超えてしまうと過剰に摂取している状態となり、副作用の危険性がでてきます。
本来、日本人が日常的に口にしていた和食についてですが、豆腐や納豆やみそなどといったような大豆を多く含んでいる食品を知らず知らずのうちに身体の中に取り入れています。
和食を日常の食事の中心としているのであれば、こちらの成分についての摂取量は充分だといえるのですが、最近では、食生活が欧米化してきて、肉類を多く摂取する機会が増えたことから、大豆イソフラボンを特定保健用食品や、サプリメントなどによって摂取する人も増えてきたようです。
特定保健用食品や、サプリメントhttp://www.kaabee.jp/sapurimennto.htmlなどは、あくまでも日常の食事での栄養補給として摂取するべきものですので、できれば日常の食生活から摂取するようにしたいものです。