イソフラボンが女性特有とは?

大豆イソフラボンというのは、主に大豆の胚芽の部分に含まれているフラボノイドの一種であり、ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインなどを総称していいます。
大豆については、アジア地域において歴史的にとても長い期間たべられてきました。
そのため、食品やサプリメントなどから適量を摂取する分には、非常に安全性が高い成分だと言われています。

大豆イソフラボンの働きとしては、更年期障害を緩和してくれたり、骨粗しょう症を予防してくれたり、心筋梗塞などといったような循環器系の疾患を予防してくれたり、美肌効果をえられたりすることが期待されています。
大豆イソフラボンというのは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと科学的な構造において非常によく似ているのです。
そのために、イソフラボンというのは、エストロゲンの受容体と結合して、女性ホルモンとよく似た働きをしてくれるのです。
ただし、その作用としては、1/1000以下であり、非常に弱いものです。

更年期障害などのように、エストロゲンが不足状態になってしまうと、大豆イソフラボンが補助的な作用をもたらし、更年期による様々な症状を和らげてくれるよう働きかけてくれます。
尿の中に含まれているイソフラボンの量と骨密度について調べた研究結果によると、骨密度が低くなっていくと同時に尿の中のこちらの成分の濃度も低くなってしまうという相関関係が証明されました。
尿の中に含まれているこちらの成分の濃度は、大豆の摂取量と比例しているようです。

このことから大豆イソフラボンには、骨粗しょう症を予防する働きがあると言われているのです。
さらに、女性ホルモンには、悪玉コレステロールを減らしてくれたり、血管系の病気を予防してくれたり、血液を流れやすくして血圧を下げてくれる働きがあるため、エストロゲンのような物質である大豆イソフラボンを摂ることで同じような効果を期待することができます。
このように、女性にとって嬉しい効果を発揮してくれると言えるのです。