抜け毛予防にイソフラボン

大豆イソフラボンが身体にもたらしてくれる効果としては、女性の更年期障害の改善や予防に効果があるとしてよく知られていることですが、これは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンとよく似た作用があるからだと言われています。
女性らしい体つきや女性の健康を維持するためにも、ホルモンバランスが整っていることは非常に重要なのですが、更年期に差し掛かってくると、女性ホルモンの分泌量が減少してきます。
そのケアとして、大豆製品などが効果があるとして利用している人が多い成分なのです。

実は、こちらの成分は、女性の悩みである更年期障害に効果があるだけではなく、男性の薄毛に悩まされている人たちにも注目されている成分なのです。
もともと髪の毛というのは、男性ホルモンの影響を受けて、薄毛になったり、抜け毛になったりするのです。
そのため、大豆イソフラボンが女性ホルモンと近い作用があることを利用して、薄毛や抜け毛を予防して、育毛効果がでるよう期待している人が多いようです。

この大豆イソフラボンは、唐辛子などに含まれているカプサイシンと同時に摂取することによって、IGF-1を増量し、髪の毛を増やしてくれる効果があると言われて来ました。
もちろん、全く効果がないわけではないのですが、一時期PRされた程度ではないということのようで、髪の毛のためにと、高額なサプリメントを購入していた人たちには残念な結果となっています。
とはいえ、大豆イソフラボンには女性ホルモンの1つであるエストロゲンとよく似た作用があるため、男性ホルモンの過剰分泌によって薄毛などに悩んでいる人にとってはいい成分だといえるのではないでしょうか。
髪の毛を作るためには、ケラチンというタンパク質が必要となるのですが、質の高い蛋白質を豊富に含んでいる大豆を摂取することは、髪の毛には非常にいいという考えもあります。
ただし、過剰摂取しないように注意した方がいいでしょう。