イソフラボンと乳がんの関係

エストロゲン依存性の乳癌を患っている患者に対しては、大豆製の食品や大豆イソフラボンの摂取において控えた方がよいのではないかといったような従来の考え方に対して、エストロゲン依存性の乳癌患者においても、大豆製の食品や大豆イソフラボンの摂取量が多ければ多いほど、死亡したり再発したりするようなリスクが低下するといったようなことが、最近おこなわれた臨床試験で報告されているようです。
植物エストロゲンというのは、植物に含まれているエストロゲン活性を示している成分のことを言います。
大豆などに含まれているゲニステイン、ダイゼインなどのようなイソフラボンがその代表的なものだといえるようです。

しかし、その他にも、高麗人参に含まれているサポニンのジンセノサイドやリグナン類と呼ばれている成分もエストロゲンと同じような作用を示している成分だと言われており、それについて広く知られているところです。
イソフラボンにおいても、リグナン類においても、植物に多く含まれているため、野菜を豊富に摂る食生活や、漢方薬を服用することによる植物エストロゲンを摂取することが、エストロゲン依存性の乳癌を治療した後に、再発しないようにするため、植物性エストロゲンの摂取が身体に悪影響を及ぼすのではないかという可能性について指摘している人もいるようです。

しかし、一方では、植物エストロゲンというのは、乳がんを治療した後において再発率を高めないだけではなく、むしろ低下させることができるという報告もあるようです。
特に、最近の研究結果をみると、従来いわれてきたようなエストロゲン依存性の乳癌の場合において植物エストロゲンをあまり摂取しないように控えた方がいいという見解よりも、エストロゲン依存性の乳癌の治療の後に、ホルモン療法をおこなっている最中であっても、植物エストロゲンを通常の量を摂取する分には問題ないだろうという見解の方が多くなってきているようです。
植物エストロゲンには、ほかの抗がん作用も報告されているからです。