イソフラボンで乳がん発生率減少

研究者たちは、さまざまな生活習慣と、脳卒中、癌、心筋梗塞などといったような病気との関係を明らかにして、日本人が生活習慣病とならないように予防するために役立つ研究を行っています。
平成2年に実施されたアンケート調査においては、生活習慣について回答した岩手県二戸の人たち、秋田県横手の人たち、長野県佐久の人たち、沖縄県石川の人の4つの地域において、40歳~59歳までの約2万人の女性の人たちを10年間追跡してきた調査結果に基づいて、大豆製品についての摂取量やそれから計算することができるイソフラボンの摂取量と女性特有の病気でもある乳がんの発生率との関係性について調べたようです。
そのイソフラボン摂取量http://www.arkalmighty.com/keizoku.htmlの結果は、専門誌で発表されたほど注目を集めている研究だということができるのではないでしょうか。

実際に、この研究については、世界で初めて前向きな追跡研究ともいえるだけではなく、大豆製品やイソフラボンと乳がんの発生率の減少との関係について示すことができた研究として各方面から注目を集めているようです。
アンケートでは、味噌汁や大豆や豆腐、ゆば、納豆などの項目を用いることによって、大豆製品についての摂取量を把握して、その後に発生した乳がんとの関連性を調べています。
食べる量が最も少ない人を基準にして、それ以上食べている人が何倍の割合で乳がんになりやすいかについて調査しました。

たとえば、一日に3杯以上味噌汁を飲んでいる人を基準として、それ以上味噌汁を飲んでいる人が何倍程度乳がんになりやすいかについて調査したのです。
それらの結果については、一日につき、三杯以上味噌汁を飲んでいる人においては、乳がんの発生率が約40%も減少しているということが分かったのです。
これらの値については、乳がんに関連している初潮の年齢や妊娠した回数などにおける影響については取り除いて計算しているのです。
その結果、味噌汁を頻繁に飲んでいればいるほど乳がんになりにくいということが分かりました。